看護部
 
看護部長挨拶
 京都武田病院は、病床区分を行った病棟(DPC病棟・回復期リハビリテーション病棟・障害者病棟)240床、血液透析センター、外来、手術室など地域密着型の病院です。
あたたかく、思いやりの心で、患者さんの人間性を尊重し、質の高い安全な医療・看護をめざし『患者さん本位の感動あふれる医療・看護を提供します』の実現に取り組んでおります。
医療法人社団 恵心会 京都武田病院
看護部長 西岡 和子
 
看護部理念
 京都武田病院の理念に基づき、私たちは社会の変動、医療要請に応じた思いやりのある満足していただける看護を提供します。
 
看護部基本方針
1) 相手の立場に立ち患者さんの尊厳および権利を尊重した対応を行います。
2) 専門的な知識・技術・人間性を高め安全な看護を行います。
3) さわやかな笑顔と気配りのある看護(介護)を提供します。
4) 教育の充実をはかり、後輩の育成につとめます。
5) 地域および他部門との連携を密に患者さんの自立を支援します。
6) 環境に配慮した、やさしい看護を行います。
7) 病院の経営や運営方針に積極的に参画し、活力ある職場を目指します。
 
医療法人社団 恵心会 京都武田病院 看護部