薬剤科

 薬には良い面と悪い面があります。
私たち薬剤師は、患者さんが受診した際に、医師より発行された処方箋により、調剤・鑑査・情報提供を行い、患者さんに安全にお薬を服用・使用していただくことを仕事としています。
 京都武田病院では、ほとんどが院外処方箋を発行しているので、私たち薬剤科の業務の中心は主に入院患者さんへの適正且つ安全な薬物療法を行うことです。
現在は7名で業務を行っています。
私たちの仕事をご紹介します。

 
調剤業務
 医師より発行された処方箋により、お薬を準備し(調剤)、確認を行います(鑑査)。
発行された段階で、その処方に間違いがないか、患者さんの状態に即しているかどうか、確認を行います。
場合によっては処方された医師に問い合わせ(疑義紹介)を行います。
 内服薬の場合は、錠剤が飲みにくい患者さんには、お薬を粉砕して調剤したり、簡易懸濁でお薬を投与できるようにしたりします。
一度にたくさんの薬を服用する必要のある患者さんの場合には、1回分を一つの薬包紙にまとめたり(一包化)します。
 注射薬の場合は、一つの処方ごとに輪ゴムやユニパックを用いて一つにまとめ、その後、患者さんごとにまとめて病棟に払い出します。
 このときも内服薬と同じような確認することはもちろん、注射を混合する時の注意点等が無いか、混ざらないようにしたほうが良いものは無いかなどの確認も行います。
 一部の外来患者さん、退院される患者さんには、薬剤科より直接お薬をお渡しします。
医事課で会計を行った後に隣の薬剤科までお越しください。

 
服薬指導業務
 入院されている患者さんのベットサイドに行き、今服用しているお薬の話をします。
今服用しているお薬の正しい情報を提供し、薬を服用している上で患者さん自身が気になっているところなどを伺います。
 
医薬品情報提供業務
 厚生労働省や各製薬会社からの医薬品に関する情報を、円滑に医師に届けます。
診療の場においての薬についてのあらゆる情報を取り扱います。
月に1度DIニュースとして医師や関連部署に情報を伝えたりもします。
また、入院された患者さんが持ち込まれた薬を鑑別し、服薬状況を医師に提供します。
 
チーム医療への参画
 人工関節センターや関節リウマチセンター等に薬の専門家として参加しています。
ここでは、薬の取り扱いについてやレジュメの管理も行っています。
 
輸血管理業務
 輸血は薬剤科で管理しています。
人工関節センターが立ち上がり、自己血の管理も始まりました。
冷蔵庫の適切な温度管理や血液の状態などの確認も行っており、検査科と協力し管理を行っています。
 
医療法人社団 恵心会 京都武田病院 薬剤科