京都武田病院は、2011年12月に次世代認定マーク(愛称:くるみん)を取得しました。

 昨今、少子化が著しく子供たちが健やかに生まれ育つ環境をつくることを目的として、次世代育成支援対策推進法が制定されました。
次世代育成支援対策推進法により、従業員数に応じて事業主は従業員の子育て支援のための行動計画(一般事業主行動計画)を策定・実施することになりました。
 そして、この行動計画に定めた目標を達成し、一定の要件を満たした場合、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣(都道府県労働局長へ委任)の認定を受けることができます。
 この認定を受けたことを証明する認定マークが「くるみん」マークです。

 京都武田病院ではより働きやすい職場を実現するため、仕事と育児の両立を支援するさまざまな取り組みを行い、今回その実績が認められ認定マークを取得することができました。
 
これからもワークライフバランスの実現に向けて、努力をしてまいります。
>> 厚生労働省の次世代育成支援対策のホームページへ
 >> 京都武田病院行動計画へ