シャントPTAセンター
 血管内治療を当院では行っています。
透析シャントは時に閉塞や狭窄をすることがあり、透析が出来なくなったり時間が掛かるようになったりします。
 これまではシャントを作り直したり、外科的に血栓を除去してきましたが、当院にて血管内治療により、一度作ったシャントを長期間使用することが可能になります。
 また比較的簡便で短時間で治療をおこなえるため大変効率のより治療方法ともいえます。
 また当院では超音波検査にてシャントの状態を詳しく検査することもでき、非侵襲的、短時間検査ができ患者さんの負担が軽くておこなうことができます。
  
シャント超音波検査
 当院では超音波にて、ある程度のシャント狭窄・閉塞・不全の評価を行なっています。
 
−超音波検査有用性
非侵襲的検査であるため患者負担が少ない
計測ができる(流量・血管系)、また前回と比較しやすい
緊急時には即検査実施、評価できる
シャント作成時の情報源になる
簡便である
PTAやOPE前後の評価に適している
 
静脈狭窄写真
 
トラブル処置の流れ
 
シャントPTAとは
 Percutaneous Transluminal Angioplasty の略で経皮的血管形成術といい、血流を確保するため、カテーテルを血管内に挿入し、詰まっている部分を拡張させます。
 
シャントPTA造影
 
手術の様子
 
PTAの利点
簡便である
治療時間は30分から1時間程度である
基本は1泊入院だが日帰りも可能である
効果的である
流量の確保ができる
安全性が高い
 
当院の実績
 
こんな時はご連絡ください
高度狭窄の可能性があります
スリルや拍動の減弱
脱血不良(透析回路のビローの虚脱)
シャント音の聴取範囲の狭小化
高調性雑音の聴取
血栓の可能性があります
突然の血管痛や発赤
穿刺後の血管痛
上肢の腫張(前腕の腫張、母指を中心とした腫張、手背全体の浮腫)
脱血不良(透析回路のビローの虚脱)
穿刺部より上に有意狭窄が考えられます
静脈圧上昇
 
お問い合わせ
お問い合わせは
電話にてご連絡ください。
 検査予約、診察予約を行います。
 *来院時は、保険証、印鑑(同意書作成のため)、診療情報提供書が必要となります。
医療法人社団 京都武田病院 シャントPTAセンター
コーディネーター 土井 まで
TEL:075−312−7001 (月〜金曜 17:00まで)
  
医療法人社団 恵心会 京都武田病院 シャントPTAセンター