整形外科のご案内
〜専門医が連携して患者様をサポートします〜
藤岡 幹浩
京都武田病院 副院長
京都府立医科大学 運動器機能再生外科学 特任教授
京都府立医科大学 リハビリテーション医学 特任教授
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本リハビリテーション医学会指導医
日本リハビリテーション医学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
藤原 浩芳
京都府立医科大学 講師
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本手外科学会専門医
河野 茂
京都武田病院 整形外科 部長
京都府立医科大学 運動器機能再生外科学 臨床准教授
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
運動器リハビリテーション医
小田 良
京都府立医科大学 講師
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本手外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本リウマチ財団登録医
口 裕之
京都武田病院 整形外科 医長
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本リウマチ学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
中村 悟
京都武田病院 リハビリテーション科医長・整形外科医師
日本整形外科学会専門医
 整形外科担当医表
診療科
9:00〜12:00 中村
河野
中村
小田
担当医
藤岡
河野
藤原
担当医

担当医
14:00〜16:00 藤岡
専門科 整形一般
股関節
リウマチ
リハビリ
整形一般
膝関節
リウマチ
骨粗しょう症
脊椎
スポーツ
整形一般

リウマチ
上肢
整形一般
股関節
膝関節
リウマチ
骨粗しょう症
脊椎
スポーツ
整形一般

上肢
スポーツ
整形一般
股関節
リウマチ
リハビリ
膝関節
※外来担当医表は予告なく変更する場合がございます。あしからずご了承ください。
 整形外科での代表的疾患
骨折・捻挫・脱臼・打撲・腰痛・頚背部痛・肩関節痛・股関節痛・膝関節痛・外傷・障害・リウマチ・骨粗しょう症・痛風など
 骨折・捻挫・脱臼・打撲・外傷 
 骨折は整復した上でギプス固定を行います。ただし、状態によっては手術が必要となる場合がございます。きちんとした治療をお受けにならなかった場合、骨がついた後に関節が動かない、骨が曲がってついている、骨がつかない、といったことも起こり得ます。捻挫、脱臼、打撲も適切な固定、リハビリを行わないと後遺症が残ることがございます。このような不都合が起こらないように、整形外科専門医による治療をお勧めしています。
 腰痛・頚背部痛・肩関節痛
 腰痛の原因として椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、圧迫骨折などが考えられます。また頚背部痛の原因としては頸肩腕症候群、肩こり、頚椎椎間板ヘルニア、頸椎症性神経根症などが考えられます。さらに肩関節痛は肩関節周囲炎(いわゆる五十肩など)なども考えられます。原因を診断するためにはMRIが有効です。
当院整形外科では、痛みの強い時にはトリガーポイント注射、硬膜外ブロック、神経根ブロックなどの治療を行うこともございます。
 股関節痛・膝関節痛・靭帯損傷
 股関節痛は変形性股関節症、臼蓋形成不全、特発性大腿骨骨頭壊死といった疾患が原因である場合がございます。
 また膝関節痛は変形性膝関節症や関節炎である場合がございます。症状に応じて、投薬治療や関節注射といったものから、必要であれば人工関節手術まで行うことができます。
また、半月板損傷、靱帯断裂など必要な場合には鏡視下手術も行っております。
 
 骨粗しょう症
 骨はカルシウムやタンパク質等の成分によってつくられ、日々の部分的な破壊(骨吸収)と再生(骨形成)を繰り返し、新陳代謝を行っています。この新陳代謝のバランスが、加齢・閉経・カルシウムなど必要な栄養素の摂取不足・運動不足などを原因として崩れ、骨の強度が低下すると、骨折しやすくなります。この状態が骨粗しょう症です。当院では、骨密度、血液検査(骨代謝マーカー)を計測し、内服治療や筋肉注射、静脈注射、皮下注射など、患者様に応じた治療を行っております。  
 ロコモティブシンドローム
 ロコモティブシンドロームとは運動器の障害により要介護になるリスクの高い状態になることです。バランス能力、体力、移動能力の低下をきたし、ついには立って歩く、衣服の着脱、トイレなど最低限の日常生活動作(ADL)さえも、自立して行えなくなってしまいます。「運動器の障害」の原因には、変形性関節症、腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症に伴う円背、関節リウマチや加齢による運動器機能不全があります。
当院ではそれぞれの症状に応じて「食事療法」「運動療法」「薬物療法」「手術療法」など適切な治療を行っております。
 リウマチ
 関節リウマチの患者は全国で約70万人と推計され、なぜか男性より女性に4〜5倍も多く発症しています。しかも、年齢が30〜60代と働き盛りの年齢層に多く、患者はもちろんこと、家族にも辛い病気となっています。最近の研究で関節破壊は発症してから2年くらいのうちに進むことがわかってきました。そのため初期のうちからしっかり抗リウマチ薬を使って関節の破壊を抑えていく治療法に変わってきており、当院では早期に診断し治療を選択、生物学的製剤の導入も行っております。