腹膜透析(CAPD)
CAPDとは、
Continuous=連続
Ambulatory=歩行可・携帯・携行(バック交換時位階には自由に活動できます
Peritoneal=腹膜(内臓を包み、支えるための腹状の組織層です)
Dialysis=透析(血液中の老廃物や余分な水分を取り除く治療法です)

という、単語の頭文字をとった略称です。
 腹膜と腹腔を使って体内で透析を行います。医師の指導に基づき1日4〜5回のバッグ交換を自分で行い、24時間連続的に透析を行う為、血液透析に比べ、体への負担が少なく、残存腎機能(尿)を長時間保つことが可能とされています。
 自分の生活リズムに合わせたバッグ交換時間を調整できますので、自己管理がきちんとできれば身体的にも社会的にも利点を生かせます。