在宅総合ケアセンター
 在宅総合ケアセンター京都武田は、各種の介護保険サービス事業所の集合体です。それらが有機的に連携し、地元京都で暮らす人々の『要介護者くらし支援センター』として機能することを目指しています。そして、要介護状態の予防や、要介護状態の方を自立支援し、介護を要する状態になっても住み慣れた地域でいつまでもくらすことができるようにお手伝いをします。
 
訪問診療
 在宅で寝たきりなどで通院が困難な方が、安心してご自宅での療養ができるよう、医師と看護師が連携して、ご自宅に訪問し診療いたします。通常の具合が悪くなった時だけ来てもらう往診とは違い、患者さんの状態に応じてあらかじめ立てた予定に従い、定期的に医師がご自宅に訪問して診療を行います。
 また、ご自宅だけでなく、有料老人ホーム・高齢者向け優良賃貸住宅・グループホーム等にもお伺いします。
 
 対象となる方
通院が困難で在宅医療を希望される方となります
疾患によってはお受けできない場合もございますのでまずはご相談をお願い致します
 医療連携
 主治医の指示のもと、別途に訪問看護と連携を行い、医療的ケアを充実させます。
 
訪問看護
 ご自宅で療養しておられる方で通院が困難なお年寄りの方などに
訪問看護計画に基づいて定期的に看護師がご自宅に訪問し、主治医
との連携により病状のチェックや投薬の管理、医療処置等を行ない
ます。
 
 対象となる方
通院が困難なお年寄りの方で、介護認定を受けた結果、要支援以上の判定がでた方
ある特定の疾病をお持ちの方および上記以外で主治医の指示のある患者さんは、
医療保険による訪問看護となります
 主な内容
在宅療養の援助
病状のチェックと助言(血圧・体温・呼吸・脈拍など、心の健康、生活動作、病気の予防など)
身体の清潔のお世話/食生活の指導・援助/排泄のお世話
療養環境整備
寝たきりの方の床ずれ予防のためのお世話/コミュニケーションの援助
慢性疾患の看護と療養生活の相談
医師の指示による医療処置(床ずれ・その他の創部の処置・留置カテーテルの管理等)
服薬指導・管理などの相談
リハビリテーション
日常生活動作訓練(食事・排泄・移動・入浴)
介護相談
居宅介護支援事業所と連携し、あらゆるご相談やサービス利用のお手伝いをいたします
 
居宅介護支援事業所
 介護サービスを希望する方からの依頼により、介護保険の申請手続きから、訪問調査や居宅サービス計画の作成を行い、ご利用なされる各サービス提供事業者と連絡調整を常にはかりながら、利用者の状況に応じたサービスが提供できる様に日常生活のサポートを行います。
 
ご本人・ご家族からの依頼があれば、要介護認定の申請代行を行います
市区町村からの委託を受けて、要介護認定申請後の訪問調査を行います
利用者の居宅を訪問し、利用者やその家族と面談の上、利用者の病状や希望、
その他生活環境、介護度等を十分検討し、居宅サービス計画を作成します
居宅サービス計画の目標に沿ってサービスが提供されるよう、サービス提供事業者等との連絡調整を行います
利用者の状態について定期的に再評価を行い、状態の変化等に応じて居宅サービス計画変更の支援、要介護認定区分の支援等の必要な対応を致します
事業所の介護支援専門員は、利用者が介護保健施設等への入院又は入所を希望された場合、
利用者に介護保健施設の紹介その他の必要な支援を行います
各種介護サービスのご紹介をはじめ、各施設や関係機関との連絡、調整を行います
ご希望のサービスを取り入れた居宅サービス計画(ケアプラン)を作成します
市区町村にかわり、要介護認定申請後の訪問調整を行います
その他介護保険に関する各種ご相談をお受けします
 
訪問リハビリテーション
 京都武田病院では、在宅でのリハビリテーションを支援するために、作業療法士や理学療法士による訪問リハビリテーション・サービスを実施しています。
 
基本的な機能回復、維持訓練
 関節可動域訓練、麻痺の改善訓練、筋力訓練、知的賦活、体力増強訓練心肺機能リハ訓練など
基本動作訓練
 寝返り、起き上がり、立ち座り、歩行訓練、座位バランス、立位バランス、床上動作訓練など
日常生活動作訓練
 トランスファー、摂食、嚥下、衣服の着脱、入浴動作訓練、コミュニケーション技能、状況判断改善訓練、介護者への助言など
生活関連についての評価、アセスメント、指導援助
 家事動作(調理・洗濯など)、外出、余暇活用、趣味活動、家屋改修、福祉用具の活用についての支援など
その他
 疼痛の軽減、ターミナル期などの呼吸リハビリテーション、作業活動の導入、補装具の作成援助など
 
《要介護度別の訪問リハビリテーションの活用例》
要介護T ADLの安全化 家事応用動作訓練指導(1〜3回の連続訪問)機能維持の拡大 自宅でできる機能維持訓練指導(1回/3ヶ月〜1回/週)
要介護U ADLの自立度向上 住宅改造、福祉機器の評価・アドバイス(1〜3回の連続訪問)(特に入浴、外出)ADLの方法指導(1〜3回の連続訪問)機能回復のチャンスを探る機能評価→機能回復訓練指導(1〜2回/月〜1回/週)
要介護V ADLの自立度向上 基本機能(ROM、筋力等)→動作訓練 (特に排泄、トランスファー)リハプログラムの作成(他のスタッフとの連携)生活の活性化趣味活動の拡大、知的賦活(1回/週)
要介護W ADLの自立度向上 基本機能(ROM、筋力等)→動作訓練(寝返り、起き上がり、食事、 ADLの方法工夫、介助量の軽減コミュニケーション、トランスファー)介護方法指導(潜在能力を生かす介護)(1回/週)チームスタッフでの介護方法の検討座位活動の拡大(シーティングの工夫、作業活動の提案)(1回/週)
要介護X 介護負担の軽減 基本機能訓練→車椅子座位へのチャレンジ生命機能の強化 臥位、ベッド座位のポジショニング心肺機能、嚥下へのアプローチ(1回/週)痴呆症状心理的支持、問題行動の改善、 外出、生活拡大のアセスメント主体ケース できることを広げる集中し取り組める課題設定(1〜2回/月)
※ 要支援の方は原則対象とはなりません
 
通所リハビリテーショ
通所リハビリテーションは、介護保険で利用できるサービスの一つで、心身機能の維持回復、日常生活の自立援助のための機能訓練(リハビリテーション)を行います。利用者は、在宅であることが条件となります。(入院中は利用できません)
 
 利用できる方
第1号被保険者(65歳以上の方)
ねたきり・認知症などで、日常生活動作について、常に介護が必要な方
家事や身支度等の日常生活に支援が必要な方
第2号被保険者(40歳以上65歳未満の方)
特定疾病(初老期認知症・脳血管疾患など老化に伴う病気)が原因で、介護支援が必要な方
 
 営業日・営業時間
営業日 月曜日〜土曜日(祝日も営業)
営業時間 10:00〜16:00(営業時間の前後に送迎がつきます)
お休み 日曜日、年末年始(12月30日〜1月3日)
 
 サービス内容
送 迎 当デイケアには2台のリフト車と、その他送迎用普通車をご用意しております。リフト車は 車椅子に座ったまま乗車降車が可能です。また、運転手の他、介助スタッフが1名つきますので乗り降りの大変な方もご安心下さい。送迎範囲は、限定がありますので、詳しくは、お問い合わせいただきますようお願いいたします。
入 浴 当デイケアでは、院内の入浴設備を利用してご入浴いただいております。リフト浴にも対応しておりますので、歩行が困難な方にも安心してご入浴いただいております。
食 事 昼食とおやつをお出ししております。献立は、当院の管理栄養士が行っており、カロリー制限がある方には制限内でのお食事もご用意しおります。
また、季節に応じて、行事食も行っており、楽しいひと時としても大切にとらえて提供しております。
リハビリテーション 専属で理学療法士がプランを作成し、現在の生活を応援、または生活に彩りが添えられることを心掛けて行っております。
 
地域・連携相談室
 地域連携・相談室では病医院・地域の老人施設との連携、入院患者さんの退院支援、療養生活における相談業務や地域の介護保険事業所などとの連携を強め、患者さんの入院生活のみならず、その後の生活までトータルにサポートしていきます。