ポイントC 最先端コンピュータ技術の応用
 1)3次元手術シミュレーションシステム
 人工関節の手術計画はCT画像を基に3次元手術シミュレーションシステム(Lexi社のZedHip & Knee)を用いて行います。どの部位に、どのサイズの人工関節を、どの方向に入れるべきか、そしてその通りに手術を行えば術後にどのような可動域が獲得できるか、などを3次元的にシミュレートして術前に評価することができます。このシステムは京滋地区では今のところ京都第二赤十字病院と当院にしかありません。これによって非常に正確な術前評価が可能となりました。
3次元手術シミュレーションシステム 詳細はこちら
 2)手術ナビゲーションシステム
 難症例に対しては手術ナビゲーションシステムを用いて正確な手術を行っています。関節破壊の程度が非常に強い患者さんや股関節固定術後の患者さんに手術を行う場合にはナビゲーションが活躍する機会がでてきます。しかし、ナビゲーションシステムを使うことによるデメリットもあるため、状況に応じて適応を判断するようにしています。デメリットは、主創部以外にナビゲーションシステムを骨に固定するための傷ができること、それに伴い感染が発生する可能性が増えること、手術時間が延長すること、などです。
 通常レベルの変形の場合、執刀医に一定の技量があればナビゲーションを使う必要そのものがないとも言えます。ナビゲーションを使用しない場合は全例でX線透視装置を用いて人工関節を正しく設置する方法を採用しています。これは藤岡人工関節センター長自身が考案して実用化した方法です。
 3)3次元動作解析システム
 術前・術後のリハビリ評価のために3次元動作解析システム(Noraxon社のMyomotion)を脊椎・上肢・下肢のフルセットで導入しました。このシステムは大学病院などで研究目的に使用されることがほとんどで、民間病院でのフル導入は国内で初めてです。モニター画面上で術前と術後の歩き方を比較することや、各関節の動きを細かく解析することができ、リハビリのポイントを的確に捉えることが可能となります。
3次元動作解析システム 詳細はこちら
 4)ロボットリハビリテーション
 京都府立医大リハビリテーション医学教室の関連病院としては初めてロボットリハビリテーションを導入しました。最新テクノロジーとしてサイバニクスを駆使したサイバーダイン社のロボットスーツHAL(ハル)を人工関節のリハビリテーションに応用しています。
ロボットリハビリテーション 詳細はこちら
 このように京都武田病院人工関節センターでは最先端コンピュータ技術を治療へ応用しており、術前計画は3次元シミュレーションシステムで、術中手術支援は手術ナビゲーションシステムで、術前・術後リハビリ評価は3次元動作解析システムで、そして術後リハビリ支援はロボットスーツで、それぞれ正確性と安全性を確保するようにしていることが特徴です。